■京都山科の町家リノベーション・デザインリフォームを手掛ける工務店ベストライフの日常■


現在、築40年程度の木造2階建てのリノベーション工事を行っています。

新築でも検討していましたが、色んな法律の絡みでリノベーションで進めることに。

もともとのお家の形を残したまま、耐震性・省エネ性能・使い勝手・暮らしやすさの向上を求めて
お施主様と私たち工務店と現場の職人さんと日々細かい打ち合わせをしながら進めています。


IMAG6248

IMAG6260


そんな大がかりなリフォーム工事となると、構造補強をしたり、軸組を入れ替えたりする作業があります。
新築工事よりもはるかに手間がかかるところ。

でも、リノベーション工事でしか味わえない瞬間があります。

kouzou


大工さんにしっかり伝わるように詳細図面をおこして、社長と納まりを確認しながら書いた図面。
どうやって書いたら分かりやすいだろう。
毎回試行錯誤しています。

プレカットでしたらサッと終わる所ですが、既存の構造があるためそうもいきません。


それを工場でせっせと大工さんが手作業で加工してくださいます。

社長はこの瞬間が好きと言っていますが、
私はその後の現場で大工さんが組んでいる瞬間が大好きです。

IMAG6617

IMAG6673

図面通りに構造が組まれていく‥。
嬉しさや、ひとまず組まれて形になっていく安堵感など色んな感情でぞわぞわします。

IMAG6699


まだまだ工事は始まったばかり。
完成までにやるべきことは盛りだくさんですが信頼できる職人さんたちと一緒に良いお家になるよう頑張っています。

(KOUCHIYAMA)